トップページ > 学校評価
学校評価

学校評価

「津幼稚園自己評価公表シート」について

本園では、平成21年度より、教師自らが客観的な目で自園の教育・保育を振り返り、主体的に改善に取り組むために課題を明確にすることを目的として、学校評価を実施、公表しています。

平成27年度 津幼稚園自己評価公表シートのページ

学校評価

「平成28年度 津幼稚園自己評価公表シート」

1. 本園の教育目標

「 "自分らしく" 生きる力と 思いやる心」
・みて・きいて・考える
・きまりよいくらし
・元気いっぱい
・家族といっしょに
を教育の目標とし、集団生活を通し個々の幼児の自主性を育て、豊かな心情、よき生活習慣や人間関係に向かう意欲、態度を培う。

人間らしい豊かな生き方をできる人に育成するために、環境を通し心身の発達に即した「バランスのとれた保育と教育活動」をめざし、本園では次の6項目を掲げ実践している。

  • 1. 「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5領域の各々のバランス。
  • 2. 心の成長と体の成長のバランス。
  • 3. 日々の生活が変化に富み、且つその変化のバランスがとれていること。
  • 4. 先進のメソッド (コンピューターなど) と伝統行事 (茶道など) のバランス。
  • 5. 幼稚園教育と家庭教育のバランス。
  • 6. 保護者ニーズと幼稚園教育活動とのバランス。

2. 本年度重点的に取り組むことが必要な目標や計画をもとに設定した学校評価の具体的な目標や計画

学校評価の主旨を理解し、自己点検・自己評価を実施。教師自らが客観的な目で自園の教育・保育を振り返り、主体的に改善に取り組むために課題を明確にする。

※評価項目は『私立幼稚園の自己評価と解説』の自己評価項目の一部を参考とし、自園独自の項目も設定

※評価結果の表示方法・・・A:達成されている B:概ね達成されている C:取り組まれているが十分でない D:取組が不十分である

3. 評価項目の達成及び取組み状況

  評価項目 結果 取組み状況
1 保育の在り方 (計画性)
幼児への対応
B 「バランスのとれた保育」内容が概ね実践できたと思う。月案・週案など、時機を逸することなく速やかに準備できた。幼児への対応も丁寧な言葉がけ・行動を意識し、誠意を持って取り組めた。
2 教師としての資質や
保育の質の向上
B 園の教育方針をよく理解し誠実な働きぶり。言動・身嗜みもよく弁え本園の教諭として相応しい教員ばかりである。教員同士の学びも多く経験は浅いが先輩教員に引けを取らないまでに成長していることは嬉しい。
3 保護者への対応
地域社会とのかかわり
B 保護者の質問や要望に対し、担任だけでなく園全体で話し合い、困難な返答は園長・副園長が担当。担任だけでなく園全体で関わる姿勢が保護者から共感されている。観察園での活動や近隣の畑へのお誘いなど地域との関わりが多くなり嬉しい。
4 子育て支援や
預かり保育の充実
B 昨年同様、親子教室への登録は多かったが、最後まで参加していただく方が半減。内容や時期、回数などを再考していきたい。
預かり担当者を配置できたことは教員全体にとって働きやすい状況となり良かった。半日保育や夏休みの預かり実施日・時間を手厚くする方向で考えていきたい。
5 研修と研究 B 園長は全日私幼「公開保育コーディネーター養成講座」への参加、また副園長においては三私幼津ブロック研修の取り纏めなど、先に立っての役目が果たせた。園内研修でのまとめを記録として纏める必要があるのでは。
6 防災対策の見直し
安全保育・安全点検
災害を色々に想定しクラスごとの避難訓練を実施。また消防署指導による訓練もできた。特に、外出時の行動雨や大声を出す訓練を楽器ごとに実施。また、保護者にも事故・事件に巻き込まれないよう注意喚起を行った。
7 保育の振り返りと
自己点検・自己評価
自身の振り返りだけでなくそれぞれの良い面を認め合い、互いが支え合えるチームとしての意識が大いに感じられた。また、協働の意識が強まった気がする。
自由記載の評価シートは今後も取り入れていきたい。

4. 学校評価の具体的な目標や計画の総合的な評価結果

結果 理由
B

広々とした園舎・園庭で園児も教員も伸び伸び過ごせ、けがなど大きな事故も無く過ごせ大変良かった。自園で開催した運動会は大変好評で、園児にとって、また教員にとっても自信を持っていつも通り安心した環境で十分に力を発揮ですることができた。南河路ふるさと保全会のみなさんのお誘いでコスモス畑での作業など、地域の自然を活かした交流が持て良かった。
今年も教員採用に苦戦。何とか2名採用できたが、職員配置の上から29年度は1クラス減、年少組3クラスでスタートすることになり、1クラスの園児数は多くなり、教員に負担をかけることとなった。何とか副担任を配置できるよう、パート教員や途中採用の方向も考えていきたい。

5. 今後取り組むべき課題

課題 具体的な取組み方法
子ども子育て新制度への取り組み 平成31年を目指し、幼保連携型認定こども園へ移行することが3月の理事会で承認。移行に向け準備を進めたい。
人材確保 職員補充だけでなく、新制度移行を踏まえ、求人に力を入れたい。
防災対策と地域連携

危機管理マニュアルの作成
地域と連携した避難訓練

6. 学校関係者の評価 (平成28年度)

学校関係者評価委員会において、自己評価を公開し意見を求めたところ、特に指摘するべき事項はなく、妥当であると認められた。

意見の主な内容 (平成29年5月2日実施 / 延べ5名参加)

評価項目 自己
評価
の点
総評
保育の在り方 (計画性)
幼児への対応
B ・学園の教育方針に対し、共通理解のもと保育していることは理解できる。
・困難を乗り越えることで学ぶことも多い。優しさと厳しさをしっかり経験させてやってください。
教師としての資質や
保育の質の向上
B ・若い先生が多いからか、園全体が明るく好印象。
・保育の質の向上は研修によるところが大きいので、計画的に今後も取り組んでほしい。
保護者への対応
地域社会とのかかわり
B ・保護者からの意見・要望に対し、園全体で話し合う姿勢は変わらず評価する。
・地元自治会との避難訓練や南河路ふるさと保全会との交流など、今後も協力してほしい。
・祭りやイベントでの参加はPR効果もあり続けてほしい。
・ちびっ子武者行列の出発式に参加し、元気をもらった。

子育て支援や
預かり保育の充実

B ・認定こども園への移行を検討中とか。期待している保護者も多いはず。早期に実現させてほしい。
・夏休み中の預かりが増えたことは歓迎。
研修と研究 B ・食育への取り組み、お味見当番という新しい実践、成果が楽しみである。
・園内研修の計画・実施状況はどうか。
防災対策見直し ・不審者対応マニュアルはどうか。
・災害時の食料備蓄の状況を明確に表示してはどうか。
自由記載
保育の振り返りと
自己点検・自己評価
・教員の素直な気持ちが読み取れエールを送りたい。
・教職員の意見を管理者は今後も尊重されたい。

上記のように総評をいただきました。

7. 財務状況

公認会計士により、適正であると認められている。

▲このページのトップへ