トップページ > 学校評価
学校評価

学校評価

「津幼稚園自己評価公表シート」について

本園では、平成21年度より、教師自らが客観的な目で自園の教育・保育を振り返り、主体的に改善に取り組むために課題を明確にすることを目的として、学校評価を実施、公表しています。

平成28年度 津幼稚園自己評価公表シートのページ

学校評価

「平成27年度 津幼稚園自己評価公表シート」

1. 本園の教育目標

「 "自分らしく" 生きる力と 思いやる心」
・みて・きいて・考える
・きまりよいくらし
・元気いっぱい
・家族といっしょに
を教育の目標とし、集団生活を通し個々の幼児の自主性を育て、豊かな心情、よき生活習慣や人間関係に向かう意欲、態度を培う。

人間らしい豊かな生き方をできる人に育成するために、環境を通し心身の発達に即した「バランスのとれた保育と教育活動」をめざし、本園では次の6項目を掲げ実践している。

  • 1. 「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」の5領域の各々のバランス。
  • 2. 心の成長と体の成長のバランス。
  • 3. 日々の生活が変化に富み、且つその変化のバランスがとれていること。
  • 4. 先進のメソッド (コンピューターなど) と伝統行事 (茶道など) のバランス。
  • 5. 幼稚園教育と家庭教育のバランス。
  • 6. 保護者ニーズと幼稚園教育活動とのバランス。

2. 本年度重点的に取り組むことが必要な目標や計画をもとに設定した学校評価の具体的な目標や計画

学校評価の主旨を理解し、自己点検・自己評価を実施。教師自らが客観的な目で自園の教育・保育を振り返り、主体的に改善に取り組むために課題を明確にする。

※評価項目は『私立幼稚園の自己評価と解説』の自己評価項目の一部を参考とし、自園独自の項目も設定

※評価結果の表示方法・・・A:達成されている B:概ね達成されている C:取り組まれているが十分でない D:取組が不十分である

3. 評価項目の達成及び取組み状況

  評価項目 結果 取組み状況
1 保育の在り方 (計画性)
幼児への対応
B 学園の教育方針、「バランスのとれた保育」の実戦に向け、折りに触れ話し合い確認し合うことができた。褒めることを大切にしながらも、折り目切れ目を意識した指導方法や、厳しく諭すときには役割分担など、園長副園長も関わり丁寧に対応できた。
2 教師としての資質や
保育の質の向上
B 言葉遣いや身のこなし等、幼稚園の方針をよく理解し、丁寧に保育する姿勢が感じ取れた。若い教員も先輩教員に引けを取らないほど真剣に保育に取り組み、互いに成長し合えたと感じる。
3 保護者への対応
地域社会とのかかわり
B 保護者の悩みや質問に対し、担任だけでなく職員全体で考え、共通理解のもと対応できた。休日の地域イベント参加は、予想以上に参加者が多く協力的。 (休日出勤する教員への対応、難しい。)
4 子育て支援や
預かり保育の充実
B 長期休暇中の預かり保育を昨年より多く実施。利用者は限られており、保護者の必要としている利用時間など、保護者の意見を取り入れる努力が必要。応えるためには今の職員組織では負担が大きい。
5 研修と研究 B 三私幼主催の新人研修は欠かさず受講できたが、中堅以上の研修は職員配置が難しく、預かり対応のため参加させることが少なかった。副園長は三私幼教育研修委員として、園長は公開保育コーディネーターとして研修を積んだ。
6 防災対策の見直し
安全保育・安全点検
避難経路確認や災害を色々に想定したクラスごとの避難訓練を実施。近年心配される連れ去り事件などに対し、外出時の行動や大声を出す訓練を学期ごとに実施。また、保護者にも事故・事件に巻き込まれないよう注意喚起を行った。
7 保育の振り返りと
自己点検・自己評価
教員それぞれの思いや保育に対する気持ちが書き表され、点数では表せない思いや成果、悩みを感じ取ることができた。★職員採用に苦戦。その分、先生方には負担があったことと思う。

4. 学校評価の具体的な目標や計画の総合的な評価結果

結果 理由
B

新園舎での保育は快適で、教員みんな意欲的に保育に邁進してくれた。その反面、園舎が広くなったため、またきれいに保ちたいという思いから清掃管理に疲れた頃、理事長の計らいで清掃業者を入れてくださったことは有り難かった。
入園募集が大変好調だった昨年に比べ、期待していたほど園児が集まらず、原因は何なのか悩む日々だった。
地域の自然を活かした行事を実施したかったが、準備が整わず挫折。残念だった。お地元と交わした条件のもと、園舎への避難経路を共に確認し合えたことは大変有意義であった。地域からの要望が多い休日イベント参加について、職員は協力的だが、それを補う事が先送りとなり、負担を掛け反省。一番の反省は教員の確保ができなかったこと。
入園募集が大変好調だった昨年に比べ、期待していたほど園児が集まらず、原因は何なのか悩む日々だった。保護者ニーズに応えるべく、新制度への取り組みなど、学園全体共通理解のもと、考える時期かと思う。

5. 今後取り組むべき課題

課題 具体的な取組み方法
子育て支援事業の充実 長期間保育など、保護者ニーズに応えるために、新制度へ移行も含め検討。
人材確保 新規採用だけでなく経験者の中途採用も含め、求人に力を入れたい。
防災対策と地域連携

備蓄品の購入・補充
地域と連携した避難訓練

6. 学校関係者の評価 (平成27年度)

学校関係者評価委員会において、自己評価を公開し意見を求めたところ、特に指摘するべき事項はなく、妥当であると認められた。

意見の主な内容 (平成27年6月9日実施 / 3名参加)

評価項目 自己
評価
の点
総評
保育の在り方 (計画性)
幼児への対応
B ・学園の教育方針「バランスのとれた保育」には共感。
・褒めて伸ばす教育の中にも道徳心や社会規範はしっかりキッパリ指導し、心の育ちに寄与して欲しい。
教師としての資質や
保育の質の向上
B ・先生方は大変丁寧で、経験の浅い先生も頑張っている印象。
・保育の見直し、更なる技術の習得など、全教員の質の向上に期待。
保護者への対応
地域社会とのかかわり
B ・保護者からの意見・要望に対し、園全体で話し合う姿勢は以前より評価している。
・津祭や商店街からの要望に応え出演。市民の皆さんも期待しているとの声を聞くので、評価委員としても嬉しい。
・地元自治会へ緊急避難場所を提供。住民の皆さんに避難経路を確認していただく機会をつくったことは大変喜ばしい。
子育て支援や
預かり保育の充実
B ・新制度がスタートしたが、学園の取り組みは ?
・預かり保育の時間や休暇中の預かり実施日は保護者に指示されているのか、ニーズ調査が必要では ?
・本日の見学会、子育て世代がたくさん参加。盛況で嬉しい。
研修と研究 B ・26年度に比べ、研修会参加が難しかったとのこと。職員配置も考えて、計画的に取り組んで欲しい。
防災対策見直し ・耐震や避難通路確保など、ハード面では心配ないが、日頃の訓練や園児への啓蒙を怠らず実践して欲しい。
自由記載
保育の振り返りと
自己点検・自己評価
・記載事項、読むのが楽しみである。
・「新園舎で働く意欲」が職員の意見からも感じられる。
・新卒者の求人難、何とか改善を。

上記のように総評をいただきました。

7. 財務状況

公認会計士により、適正であると認められている。

▲このページのトップへ