加藤 紳一郎  学校法人 名古屋文化学園 理事長

幼児教育の本質を学び広く社会貢献を。

[ 伝統 ]
本校は、昭和20年の創立以来、一貫して、優れた幼稚園教諭・保育士の養成に全力をあげてきました。この永い歴史と経験からうまれた、充実した教育施設と講師陣、そして何よりも1,000ヶ園を超える各地域の幼稚園・保育園との深いつながりが本校の宝です。

[ 校風 ]
本校70年の歴史の中からは1万人をゆうに超える卒業生を輩出。それら卒業生は、現在も、園長、副園長、主任、教員、保育士として活躍中であり、その先輩諸氏から後輩へと受けつがれる伝統は良き校風として色濃く本校に残っています。

[ 団結 ]
本校は保育科のみの単科校。全学生が、将来の目標として保育関連職に就くことを希望しています。学校全体が、教職員・学生こぞってが、一つの目標に向かって団結している強みがあります。カリキュラム編成においても、専門教科はもとよりあらゆる教科が「子ども=教育」に関連し、課外活動も幼稚園・保育園での活動を念頭においたものとなっています。

[ 実習 ]
本校教育の大きな柱は附属幼稚園が校内にあること。規定の実習単位を大きく上回る充実の実習が勉学を支えています。運動会、遊戯会、お泊まり保育など、他校では決して経験することのない保育現場の実際を学ぶことができます。

[ 将来 ]
立派な幼児教育者への道は険しく、生半可な気持ちで臨むことはできません。しかし、心から子どもたちを愛し将来の確たる目標として幼児教育者を志す諸君ならば道は開かれ現実となる日は近いでしょう。私たちが応援します。

理事長 加藤 紳一郎●理事長 加藤 紳一郎 Profile

慶応義塾大学法学部法律学科卒業。名古屋文化学園保育専門学校専任講師、同校学生課長を経て、平成5年度から平成26年度まで同校校長を勤める。平成12年度より学校法人名古屋文化学園理事長。

社団法人愛知県私立幼稚園連盟常任理事 (渉外部長)、社団法人名古屋市私立幼稚園協会常任理事 (渉外部長)、全日本私立幼稚園連合会評議員、愛知県私立幼稚園PTA連合協議会常任理事、名古屋市青年育成会議委員、全国幼稚園教員養成機関連合会理事、愛知県現任保育士研修運営協議会監事などを歴任。現在、全国幼稚園教員養成機関連合会副会長。

▲このページのトップへ

仙石 美千代  名古屋文化学園保育専門学校 校長

子どもたちとの関わりの中で、学んで成長しよう !

名古屋文化学園保育専門学校は70年の伝統があり、創設者である加藤かつ先生の「幼稚園教育の現場で役に立つ知識や技能を十分に持ち、子どもの鏡となるにふさわしい良識と常識のある豊かな心を持つ人材を養成する」という理念が現在も受け継がれています。本校は同じ敷地内にある名古屋文化幼稚園の子どもたちと関わる機会を多く持っており、子どもたちとふれ合う中で幼児を理解し、講義で学んだことを改めて認識できるというとても良い環境があります。子どもたちは心身ともに日々めまぐるしく成長しますが、幼児教育者を目指すみなさんも子どもたちと接する中で成長していき、一歩一歩先生に近づいていくことでしょう。子どもたちの幸せな未来のために、幼児教育に高い関心を持ち真剣にねばり強く学ぶ意欲を持つ人が本校の一員となってくださることを願います。

校長 仙石 美千代●校長 仙石 美千代 Profile

名古屋音楽大学作曲学科卒業。名古屋音楽大学大学院音楽研究科作曲専攻修了。
名古屋文化学園保育専門学校専任教員、教務課長、教務部長、副校長を経て平成27年度より同校校長。平成27年10月より学校法人名古屋文化学園理事。

平成24年度より全国保育士養成協議会中部ブロック協議会幹事。平成27年度〜平成29年度愛知県現任保育士研修運営協議会 文部科学省「成長分野等における中核的専門人材養成等の戦略的推進事業」統括委員。平成29年度より愛知県現任保育士研修運営協議会理事 (副会長)。平成29年度より社会福祉法人名古屋東福祉協会評議員。

また、平成26年度〜平成28年度全国保育士養成協議会課題研究専門委員を務める。

研究分野:作曲、幼児音楽  所属学会:日本保育学会、日本保育者養成教育学会、日本音楽教育学会、日本学校音楽教育実践学会

▲このページのトップへ