トップページ > 学校案内 > 学科紹介

学科紹介

保育科 第1部 (昼間部) 修業年限:2年 / 定員:150名

クラス全員が保育系を志望。だから頑張ることができる。

授業イメージ本校では、教科目の総てが幼児教育者としてすぐにでも役に立つような実践的な授業で、幼児教育の基本から専門知識・技能までをわかりやすく習得できるように工夫しています。附属幼稚園での教育実習や、保育園での保育実習など、直に幼児教育の現状を体感できる機会がふんだんに盛り込まれているのも、本校の特色の1つです。

授業以外にも、運動会、山のくらし、音楽発表会など学生主体で行なわれる行事、オーストラリア海外幼稚園実習もあり、楽しさあふれた有意義な学生生活となることでしょう。

▲このページのトップへ

保育科 第2部 (夜間部) 修業年限:3年 / 定員:50名

保育現場での仕事を紹介します。

本校の附属幼稚園やその他の幼稚園・保育園から毎年求人があり、適宜紹介しています。
昼間は保育現場、夜間は学生という生活は、幼児教育者になる上で効果的な方法です。さらに保育現場で働きながら通学している学生は、その園にそのまま就職する場合が多く、スムーズに仕事に打ち込めます。

経済的負担を軽減します。

本校では2つの奨学金制度を設けています。(下記「奨学金制度」参照。)
また、経済的な便宜を図るために授業料の分納制度を設けていますが、実際に自分の給料から授業料を納めている学生も珍しくありません。

授業も資格も第1部 (昼間部) との差はありません。

授業内容カリキュラムは第1部(昼間部)とほぼ同様ですが、1日の授業時間が短いため (第1部が4時限 / 1日であるのに対して2時限 / 1日) 、第1部と同様の資格 (幼稚園教諭免許・保育士資格・専門士称号) を取得するには3年間の修業年限が必要となります。や講師陣、取得資格 (幼稚園教諭免許・保育士資格といった国家資格) は、第1部 (昼間部) 学生と全く同一です。一人ひとりの適性に合わせた就職指導と、保育現場で働くことで身につけた実力で、毎年多くの幼児教育者を送り出しています。

▲このページのトップへ