トップページ > 入試情報 > 学納金・就学支援制度

学納金・就学支援制度

●学納金

合格者は指定された期日までに、下記のとおり学納金を納入してください。

(1) 入学金
試験区分により定められた手続期間内に納入してください。

(2) 「1年次前期」の授業料、施設設備費、実習費、行事費
※入学手続完了者宛に、2月中旬に入学式の案内とともに通知します。

●納入期間
・受験日が平成29年9月30日 (土) から平成30年2月24日 (土) までの試験:平成30年2月26日 (月)〜3月2日 (金)

・受験日が平成30年2月26日 (月)〜3月23日 (金) の試験:平成30年3月27日 (火) まで

※学納金 (授業料、施設設備費に限る) の分割納入制度もあります。(下記参照)

▲このページのトップへ

●保育科第1部 (昼間部) 学納金一覧

年次 入学金 1年次 2年次 合計
前期 後期 前期 後期
入学金 300,000円 - - - - 300,000円
授業料 - 325,000円 325,000円 325,000円 325,000円 1,300,000円
施設設備費 - 150,000円 - 150,000円 - 300,000円
実習費 - 50,000円 50,000円 50,000円 50,000円 200,000円
合計 300,000円 525,000円 375,000円 525,000円 375,000円 2,100,000円

●保育科第1部 (昼間部・長期履修) 学納金一覧

年次 入学金 1年次 2年次 3年次 合計
前期 後期 前期 後期 前期 後期
入学金 90,000円 - - - - - - 90,000円
授業料 - 250,000円 250,000円 250,000円 250,000円 250,000円 250,000円 1,500,000円
施設設備費 - 100,000円 - 100,000円 - 100,000円 - 300,000円
実習費 - 35,000円 35,000円 35,000円 35,000円 35,000円 35,000円 210,000円
合計 90,000円 385,000円 285,000円 385,000円 285,000円 385,000円 285,000円 2,100,000円

●保育科第2部 (夜間部) 学納金一覧

年次 入学金 1年次 2年次 3年次 合計
前期 後期 前期 後期 前期 後期
入学金 240,000円 - - - - - - 240,000円
授業料 - 225,000円 225,000円 225,000円 225,000円 225,000円 225,000円 1,350,000円
施設設備費 - 100,000円 - 100,000円 - 100,000円 - 300,000円
実習費 - 35,000円 35,000円 35,000円 35,000円 35,000円 35,000円 210,000円
合計 240,000円 360,000円 260,000円 360,000円 260,000円 360,000円 260,000円 2,100,000円

●行事費 (平成29年度実績)

(内訳:野外活動費、幼稚園教諭免許申請料、保育士登録手数料、その他)

部・年 第1部1年 第1部2年 第2部1年 第2部2年 第2部3年
金額 (年額) 19,700円 62,750円 16,860円 19,480円 37,080円

※1部 (長期履修) 1年:18,860円 / 2年:22,080円 / 3年:38,480円

▲このページのトップへ

就学支援制度

本校では、学納金納付に関して以下の支援制度を設けて就学を支援しています。

(1) 学納金分割納入制度 (本校独自の支援制度)
学納金を分割して納入する制度です。学納金を前期 (第1回〜第5回)、後期 (第6回〜第10回) の10回に分けて納入します。手数料不要。分納カード発行手数料 (500円) のみ必要となります。

(2) 学納金延納制度 (本校独自の支援制度)
指定期日までに学納金を納めることができない場合に納入を延期する制度です。手数料不要。ただし、延納期間及び延納金額には一定の制限があります。

(3) 日本学生支援機構奨学金制度
人物、学業ともに特に優れかつ健康であって、経済的理由により修学に困難があると認められた者は、学内選考の上、日本学生支援機構からの奨学金の貸与を受けることができます。
<第1種 (無利子貸与) >
(a) 自宅通学者:月額30,000円、月額53,000円から選択できます。 (平成29年度)
(b) 自宅外通学者:月額30,000円、月額60,000円から選択できます。 (平成29年度)
<第2種 (有利子貸与) >
定められた下記の月額の中から申込者が選択することができます。
月額:3万円、5万円、8万円、10万円、12万円

独立行政法人日本学生支援機構-JASSO ホームページ

(4) 奨学金制度 (本校独自の支援制度)
(a) 同窓生奨学金 (10万円)
(b) 名古屋文化学園奨学金 (20万円)
(c) 指定校推薦奨学金 (10万円) (詳細は高等学校進路指導室までお問い合わせください。)
※上記 (a) と (b) 並びに (b) と (c) は重複して受給することができます。上記 (a) と (c) は重複することができません。

(5) 教育訓練給付制度 (社会人を対象、ただし、長期履修制度利用者を除く)
本校の第一部 (昼間部)、第二部 (夜間部) が厚生労働省の指定する「専門実践教育訓練」の教育訓練施設として指定されています。これにより、一定の条件を満たす (初めて支給を受けようとする方は、2年以上) 雇用保険の一般被保険者 (在職者) または一般被保険者であった方 (離職者) が対象学科を修了した場合、受講者が支払った教育訓練費の最大60% (上限144万円) が教育訓練給付金として支給されます。
詳しくは、厚生労働省ホームページ > 教育訓練給付制度について をご覧ください。
なお、この制度を利用する場合は、手続きの期日の関係上、平成30年1月27日までのいずれかの入試を受験してください。

(6) 愛知県保育士修学資金貸付事業
愛知県内の指定保育士養成施設に在学し、卒業後愛知県内の保育所等で保育に従事しようとする学生の中から、 学内選考の上、愛知県からの修学資金の貸与を受けることができます。
貸付金額:月額50,000円以内 入学準備金200,000円以内 就職準備金200,000円以内 (2年)

(7) セディナ学費クレジット制度
本学園提携の三井住友ファイナンスグループ「株式会社セディナ【株式会社セディナ 概要】
■代表者:代表取締役社長 山下 一
■所在地:名古屋市中区丸の内三丁目23番20号
■本社所在地:東京都港区港南二丁目16番4号
■設立:昭和25年5月
■事業内容:クレジットカード事業、信販事業、
ソリューション事業信用保証事業、他
■ホームページ:https://c-web.cedyna.co.jp/
」が提供する教育ローン制度を設けています。
学納金 (入学金、授業料、施設設備費、実習費、行事費) 全額を借りることができ、返済期間は最長10年 (120回払い) となります (自由設定)。
このローンの特徴は返済開始を卒業後 (就職後) に設定することができる点です。
詳細は本校学生課までお問い合わせください。
名古屋文化学園保育専門学校 提携学費ローン (株式会社セディナ)

※上記 (1)〜 (4) は重複して受給することができます。
一部、重複できない制度もありますので、詳細は本校学生課までお問い合わせください。

▲このページのトップへ

大学等履修単位認定制度について

本校では、他の大学など (大学、短大、専門学校) において履修した授業科目を単位認定する制度を設けています。
本校入学前もしくは入学後 (ダブルスクール) に履修した授業科目を認定して、本校ではその授業を受講することなく卒業することができます。認定には条件がありますので、詳細は本校教務課までお問い合わせください。

▲このページのトップへ

科目等履修生制度について

本校では、本校学生以外の者を科目履修生として受け入れ、授業科目を履修する制度を設けています。
履修することのできる授業科目や単位数などには一定の制限がありますので、詳細は本校教務課までお問い合わせください。

▲このページのトップへ

長期履修制度について

本校では、第1部 (昼間部) 幼稚園教員保育士コースにおいて長期履修制度を設けています。この制度は、第1部 (昼間部) において通常2年間の教育課程を、一人ひとりの事情に応じて3年間で履修できる制度です。授業は主に平日の午前中に行います。
対象者
(1) 就労している方、もしくはその予定がある方。
(2) 育児に従事している方。
(3) 親族の介護に従事している方。
上記などの理由により本校教育課程を2年で履修することが困難な方。
募集人数:20名 (第1部の定員のうちに含む)

▲このページのトップへ