[ ← 前の記事へ次の記事へ →記事一覧のページへ ]

No.271 2017年度名古屋短期大学専攻科保育専攻指定校について

昨年、一昨年に続き、2017年度も名古屋短期大学から専攻科保育専攻の指定校枠 (1名) をいただくことができました。

本校は、2005年から名古屋短期大学と「オーストラリア保育実習ツアー」を共同で開催し、国際的な感覚、知識、コミュニケーション能力を持つ保育者の育成に力を入れています。オーストラリアで保育者になりたいという留学経験を持つ学生の声を実現するため、名古屋短期大学では2009年に専攻科保育専攻コース、留学タイプを開設されました。このコースでは、四年制大学卒業資格である学士 (教育) と幼稚園教諭1種免許状が取得できます。また、専攻科1年生に在籍しながら11ヵ月間オーストラリアに留学し、ゴールドコーストにある名古屋短期大学提携校、Imagine Education Australia校、またはブリスベンにあるCharlton Brown校にてチャイルドケアを学び、オーストラリアの保育士資格 (Certificate III) を取得することができます。この留学タイプの90名を超える卒業生の中には、現在、オーストラリアのチャイルドケアセンターに就職し活躍している方も多くいます。

本校の学生は、名古屋短期大学同様、卒業時に幼稚園教諭2種免許状、保育士資格を取得しますので、当然、日本の幼稚園、保育園などへの就職もできますが、さらにこの専攻科留学タイプに進学することによって、英語で保育ができる力 (海外の資格、英語力、国際感覚、異文化理解力) を身につけ、帰国後の日本でも、または海外での就職をとても有利に進めることができます。

在学中に海外の保育士資格が取得でき、保育・幼児教育に関する専門性を活かしながら英語力を伸ばしていくことのできる、この理想的なプログラムを是非皆さんも目指してください。

( レポート:K.0 教員 )

▲このページのトップへ