[ ← 前の記事へ次の記事へ →記事一覧のページへ ]

No.124 ふれあい山吹ボランティア リハーサル

ふれあい山吹第二弾報告レポートです。
前回の輪投げ制作から山吹ワーキング利用者さんとの顔合わせを経て、いよいよ本番も間近 ! 利用者さんはとても気さくな人たちばかりで一緒に活動することがとても楽しみになってきました。今回は学生自身が子どもたちのために行うプログラム (大型絵本の読み聞かせ、手遊び、司会、リズム遊び) のリハーサルを昼休みという限られた時間に行い、学生、教員相互で実践を研究検討しました。不特定多数の子どもたちは年齢も志向もまちまち、しかも野外での実践という厳しい環境を想定の基、少しでも楽しい時間となるように努力を重ねています。
失敗することもあるかもしれませんが、子どもとの関わり、利用者さんとの触れ合い、そして演じる楽しさをたくさんの笑顔と共に味わえることを期待しています。地道ですが、この努力こそ将来保育者として働くとき一人ひとりの血肉となることでしょう ! 頑張る学生にエールを送ります !!

( レポート:学生課長 )

▲このページのトップへ