[ ← 前の記事へ次の記事へ →記事一覧のページへ ]

No.104 器楽の授業で何をしているのでしょう ?

授業の様子1部1年生の音楽 (器楽) の授業を紹介します。音楽の授業は、理論、声楽、鍵盤楽器の演奏をする器楽があります。器楽の授業で立っていったい何をしているのでしょう ?

答えは手と足を使ったリズム打ちをしている所です。読譜力やリズム感を高めるために、毎回授業の中でトレーニングをしています。
手と足のリズムが違うと難しくてもうたいへん ! それでも皆慣れてきて上手に打てるようになってきています。

1年生の器楽は、初心者か経験者か初めに調査をし、ピアノコース (1)、(2) の2つのグループに分かれて授業を受けます。1年生の前期に、ピアノコースは練習曲を弾き、基礎的な技術を身につけます。リズム打ちや曲・奏法の説明は一斉に、レッスンは個別で行います。上手に弾けると○がもらえて次に進めます。みんな、がんばってくださいね♪

( レポート:副校長 )

▲このページのトップへ