[ ← 前の記事へ次の記事へ →記事一覧のページへ ]

No.079 卒業記念パーティー 2A

卒業式の様子少しずつ暖かくなり、春の足音もすぐそばまで聴こえてきましたね。
そんな新しい季節を感じ始める3月19日、平成25年度の卒業式が行われました。
今回は私が担任していた2年生のクラスの様子をちょっぴりご紹介したいと思います。

当日はお天気にも恵まれ、色鮮やかな袴やドレス、スーツを来た学生が集まりました。
卒業式ではお世話になった先生方やご両親が見守る中、一人ひとり校長先生から卒業証書を受け取ります。
各クラスの担任の先生が1人ずつ名前を読み上げるため、名前を呼ぶ度に様々な思い出が蘇ります。
学生も2年、あるいは3年間という長いようで短い学生生活を振り返り思いを馳せる中、式は順調に進行し、最後に唱歌の「蛍の歌」「仰げば尊し」を歌い終了します。
最後の歌は全員とても豊かな歌声が会場に響き、涙ぐむ学生も見かけました。

卒業式が終わると、会場を変えて卒業パーティーが行われます。
卒業パーティーでは美味しいビュッフェを囲みながら、学生が準備した出し物や先生方のお祝いの歌やお話など、様々なイベントがあります。
それぞれのクラスによってカラーがあり、見ていてとても楽しいです。
私が担任していたクラスでは、男子学生がアカペラで「スピッツのチェリー」を披露。
就職先の研修など忙しい中、密かに練習していたようです。
出来栄えは・・・とても独創的な所もありましたが (笑) 頑張って練習した熱い想いが伝わってきました。
クラスの女子学生も暖かい拍手を送っていました^^
皆さん楽しい時間をありがとうございました。

保育士のプロになる ! という夢を叶えた皆さん。次はいよいよ実践ですね。
学校での経験と知識を糧に、これからそれぞれの道に歩み、立派な社会人として活躍することを心から願っています !

( レポート:K.K 音楽教員 )

▲このページのトップへ