「校長先生、中庭の夏みかんをいただいていいですか?」2年生の学生が2人、職員室を訪ねてきました。本校と附属の名古屋文化幼稚園を結ぶ中庭の夏みかんの木に実がなっているのを見て、好奇心旺盛な2人は食べてみたくなったようです。
さっそく梯子を用意。男子学生にお願いしてもいでもらった夏みかんを職員室へ持って来てくれました。ちょっとお行儀が悪いけど、職員室入口のカウンターで皮をむいてみると…職員室中に夏みかんの爽やかな香りが広がります。観賞用なのであまりおいしくはなかったようですが、とてもすがすがしく楽しい時間を過ごせました。
卒業間近の2人は4月には先生になります。きっと好奇心旺盛な子どもたちの気持ちがよくわかる先生になることでしょう。

( レポート:Y.I 職員 )

▲このページのトップへ