[ ← 前の記事へ次の記事へ →記事一覧のページへ ]

No.041 文化のみち2 〜カトリック主税町教会〜

カトリック主税町教会外観この地にカトリック教会が設置されたのは1887年 (明治20年)。当初は武家屋敷を改装して使用していましたが、1904年 (明治37年) に現在の形で建築されました。
東海エリアに現存する最も古いカトリック教会です。名古屋市都市景観重要建築物、国の登録有形文化財に指定されています。鐘楼にある鐘は1890年にフランス・マルセイユで製造された歴史ある逸品。チャペルでは素敵な結婚式が開かれていることがあります。本校から徒歩5分。

( レポート:校長 )

▲このページのトップへ