「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞したAさん今日、平成12年度の卒業生のAさん (男性) が母校を訪問してくれました。
彼は、学生の時から、何事にも果敢に挑戦する、若者らしい爽やかさを持った青年でした。今もチャレンジ精神旺盛。ピアノを弾くことも大好きでショパンなどもポロポロ弾いてしまうらしいですよ♪♪♪

本校卒業後は保育士として豊田市立保育園で働く中、男性保育士のリーダー的存在となって、この分野における男性の地位向上に努めてきました。その男性保育士の仲間には名古屋文化学園の後輩の男性保育士もいるそうで心強い限りですね。
Aさんは、その功績によって「子ども若者育成・子育て支援功労者表彰」で「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞し、野田内閣総理大臣 (当時) からご招待を受け、総理大臣直々に表彰状を受け取りました。

今回、ある新設の民間保育園から主任保育士として勤めて欲しいという要望を受け、公立園を退職して新設園に転職して、さらなる大きな夢に向かって保育者として前進したいということです。

そんな風に頑張っている卒業生の姿に触れると、私たち教員も、卒業生のみなさんが名古屋文化学園を誇りに思って活躍している事を励みにして、一層、学生育成に力を入れていかねば ! と再確認した一日でした !(^ ^)!

( レポート:Y.K 就職担当教員 )

▲このページのトップへ