[ ← 前の記事へ次の記事へ →記事一覧のページへ ]

No.023 つくって遊ぼう ! 〜保育内容環境より〜

「環境指導法」授業の一こま。
今回は、身近なものを使っての製作について取り上げました。今日のテーマは「空気や風の存在を知ろう」です。
まずは、むかし新聞紙やチラシで一度は遊んだことのある「紙てっぽう」つくりです。これは他の授業でも最近実践したそうです。
チラシで紙てっぽうを折る紙てっぽうを鳴らそう
完成した学生から、みんな一生懸命、パン・パンと大きな音を響かせていました。

次は、紙ヒコーキの製作です。今日は伝承ヒコーキの「へそヒコーキ」と「イカヒコーキ」の2種類をつくりました。
ちょっとコツが分かれば気持ちよく飛びます。
紙ヒコーキを飛ばすコツは?みんなでチャンピオン大会
誰が一番よく飛ぶか、みんなでチャンピオン大会です。

最後に作るのは「かんたん風車」です。
材料は、折り紙、割りばし、ストロー、つまようじ、はさみ、セロテープです。
ちゃんと回るかな?フーフー、風を送る
学生はそれぞれ口でフーフーと風を送ったり、走ったりしながら思い思いに「my風車」を回していました。

これからの実習に向けて一つでも多くの実践力を身に付けて欲しいものです。

( レポート:Y.T 教員 )

▲このページのトップへ