Report

オーストラリアの幼稚園をのぞいてみよう !

[ 前の記事へ次の記事へレポート一覧のページに戻る ]

No.009 Global Kindergarten Program

[ イベント開催日:2016/12/12 | 更新日時:2017/01/14 ]

みなさん、こんにちは。ミサキです。
12月12日 (月) に、福井県の早翠幼稚園との共同企画である、Global Kindergartenプログラムが行われました。
この企画は互いの文化の違いをテレビ電話使って楽しく学ぶために年二回行っているもので、今回は家の違い、将来の夢、名前の書き方、おやつの違いを主にセッションを行いました。

セッションの様子

スライドショーを使って玄関・畳・ふすま・障子・庭のプール等の有無やトイレやお風呂等の家の違いを、代表の子どもが撮って来てくれた写真を見比べながら学びました。オーストラリアの子どもたちは、日本にある男の子用トイレを見て「これは何?おしっこするところかな?」、「いや、手を乾かすところじゃないかな?」と疑問の声が上がっていました。そのような子どもの疑問をその場で直接聞いて学ぶことができるところもこのセッションの魅力です。

4人の子どもの将来の夢を絵に書いてもらい相手に見せながら「私の将来の夢は○○です」や「I want to be ○○ when I grow up」などと自分の言葉で発表し合いました。子どもの夢は、美容師・警察官・電車の運転手など同じような夢を持っている子どもがいて、国は違っていても同じ夢があることを確かめ合いました。

セッションの様子

お互いに自分の名前を日本語と英語で書いたものを見せ合いながら、違う文字を使い、聞いたことのない名前を紹介してもらい「Hello ○○」と実際にお互い呼び合い、返事をしました。

セッションの様子

毎回のセッションで子どもが一番楽しみにしている食べ物の食べ比べ。今回はチョコレートとポテトチップスを送り合いました。

オーストラリアからは
・ポテトチップス:塩・バーベキュー・ライムブラックペッパー
・チョコレート:ロッキーロード (マシュマロ、キャンディ等が混ざっているもの)・ポッピングキャンディ (パチパチキャンディが混ざっているもの)・オレオチョコレート (オレオのビスケットが混ざっているもの)
を日本に送りました。

日本からは
・ポテトチップス:塩・のり塩・梅
・チョコレート:抹茶キットカット、明治ミルクチョコレート3種
を送ってもらい子どもたちは初めての味を楽しみました。

日本のポテトチップスを食す

最後にはカメラ越しに記念撮影を行い、今回のセッションも無事に終了です。

記念撮影の様子

それでは、また次回。See you later !

※プライバシー保護の為、個人の特定に関わる写真を一部加工しています。

▲このページのトップへ