Report

オーストラリアの幼稚園をのぞいてみよう !

[ 前の記事へ次の記事へレポート一覧のページに戻る ]

No.004 Day For Daniel -Wearing Red-

[ イベント開催日:2016/10/28 | 更新日時:2016/11/01 ]

みなさん、こんにちは。ミサキです。
つい最近、派手な服を着るイベントに参加した私たちですが、10月28日の金曜日に「Day For Daniel −ダニエルのために赤を着よう−」という、これまたオーストラリア全域規模の企画を行いましたのでハロウィンの前にレポートします。
2003年にDanielという13歳の男の子が1人で買い物に出かけたところを誘拐され殺害された事件を受けて、毎年オーストラリアではDay For Danielという日を設けています。10月28日は、幼稚園・小学校に通う児童と職員が赤を身につけて事件のことを忘れないよう、また子ども一人ひとりが自分の身を守れるように教育を行う日となりました。
( http://www.dayfordaniel.com.au )

ほとんどの子どもが赤を着てきました

Toddlersクラスの様子です。ほとんどの子どもが赤を着てきました。

そして、イベントの目玉として外部からChild Protectionショーを行いに来てもらいました。

Child Protectionショー

ショーの内容は、水泳・道路・公園では一人にならないように気をつけて、一人になるときには家族や友達に伝えてからにしましょう、というものでした。

子どもたちの様子

代表の子どもは警察官と消防士のコスチュームを着て、迷子になったときには警察官、家事を発見したときには消防士に助けてもらいましょうということをみんなで歌って、踊って楽しく再確認しました。

それでは、また次回。See you later !

※プライバシー保護の為、個人の特定に関わる写真を一部加工しています。

▲このページのトップへ